成田工機株式会社

資料請求はこちらから

水環境の改善から地球規模の環境保全に貢献します

成田工機株式会社

  • 公害防止関連機器専門の製造メーカーとして、地球環境の保全の為、より優れた環境対応製品の開発を追及し続けます。
  • 今まで蓄積された技術力と開発力を活かし、多様化するニーズに的確に素早く対応し、高品質な製品作りを追及し続けます。

ごあいさつ

成田 一征 写真
代表取締役社長 成田一征

成田工機株式会社は創業以来45年間一貫して環境関連機器の製造メーカーとして、各種水質汚濁防止機器、固液分離機及びその周辺機器を主力に、生ゴミ処理の関連機器等の製造販売をしており、各種産業分野の多様なニーズにお応えしてまいりました。

21世紀は地球環境保全、環境共生というおおきな目標に向かって、地球を環境破壊から守ることが命題となっております。

人類と地球が快適な環境で共生できるようこれからも価値ある製品づくりに挑戦を続けてまいります。

会社情報

商号
成田工機株式会社 (NARITAKOKI Co., Ltd)
設立
1972年6月7日
資本金
1,000万円
代表者
成田 一征
本社
〒125-0042 東京都葛飾区金町6-7-14
Tel:03-3608-2306 Fax:03-3608-5284
工場
〒341-0043 埼玉県三郷市栄5-212
Tel:048-952-3813 Fax:048-952-3868
許認可
東京都知事許可(般-11)第100007号 機械器具設置工事業
業務内容
固液分離機の設計・製造・販売/ 水処理機器の設計・製造・販売/ 生ゴミ処理機器の設計・製造・販売/ 廃棄食品の包装材分離機器の設計・製造・販売
成田工機株式会社 本社 アクセスマップ

成田工機株式会社の沿革

昭和47年6月
東京都葛飾区に粉粒機器の据付工事を目的として創業
昭和47年8月
埼玉県三郷市に工場完成。粉粒機器の設計製作に着手
昭和48年9月
廃水処理メーカーの依頼により、水処理機器のメンテナンス業務をはじめる。廃水処理装置機器の製作、据付、配管工事に着手
昭和50年9月
廃水処理装置の前処理機として、微細固液分離機 「クリーンフィルタ」を開発、長期実験を重ねる
昭和51年 2月
「クリーンフィルタ」の生産、販売を開始
昭和54年 6月
大阪市東淀川区に大阪営業所開設
昭和55年 8月
クリーンフィルタ(NCFL型)特許取得 No.1011258
昭和58年 5月
クリーンフィルタ(NCF型)実用新案取得 No.1487211
昭和60年12月
クリーンフィルタ(NCF型)韓国特許取得 No.29760
クリーンフィルタ(NCFL型)韓国特許取得 No.32537
昭和62年 1月
エー・ティー(株)とセトル設計、製造、契約を締結する
AT・Nセトル(急速沈降、浮上分離装置)特許第784867号
汚泥濃縮装置(各種汚泥及スカム濃縮)設計、製造、販売開始
昭和63年 7月
(株)石川鉄工所、(株)オールメンテナンスと設計、製造、開発契約を締結する
全量自吸式加圧ポンプユニット全機種、DB型脱水機全機種
平成4年2月
カクイ株式会社とオイルキャッチャーの販売提携をする
平成 7年9月
生ゴミ減容脱水機(シボレッターⅡ)の生産、販売を開始
平成 8年3月
クリーンフィルタ(NCFU型)実用新案取得 No.2112198
平成 8年5月
クリーンフィルタ(NCFLO型)実用新案取得 No.2116456
平成12年11月
生ゴミ減容脱水機(シボレッターⅡ)特許取得 No.3130001
平成16年1月
(株)日立製作所より認定証(品質保証体制)取得
平成24年8月
大阪営業所閉鎖
平成28年10月
クリーンフィルタ(NCFE型)実用新案取得 No.3207564

Back to TOP