成田工機株式会社 企業理念 製品 会社情報 サイトマップ What's New! お問い合わせ

加圧ポンプPFX(旧PF-)型浮上処理システム

水処理/廃水処理
クリーンフィルタ
NCFU型
NCF型
NCFL型
NCFLO型
加圧浮上処理システム
全量自吸式加圧浮上装置
Sセトル
急速沈降分離装置
オイルキャッチャー
天然繊維高性能吸着材
包装容器処理
エコラクーン
容器包装リサイクル装置
リサイクル推進
ハイクリーンフィルタ
洗浄廃水循環・再利用装置
減容脱水処理
ロール式脱水機
シボレッター
食品残渣減容脱水機
シボレッターII

 

リンク

全量自吸式加圧浮上装置

カタログ 印刷用PDF
環境問題の高まりと共に「廃水処理」の重要性が社会から注目されています。
その要になるのはN-HeX 等の前処理設備行程であり、それは直接下水放流する為(除害)に必要であったり、また生物処理に必要とする場合であったり、リサイクル工程等、ケースバイケースがあります。

その要となる前処理設備行程の確たる性能を約束するのが加圧浮上処理システムです。
弊社では二通りのシステムを取り扱っており、
一つが「全量自吸式加圧ポンプユニット浮上分離槽セトル」方式の組み合わせで、
もう一つは「処理水加圧式混合分離ユニット」です。

全量自吸式加圧ポンプユニット浮上分離槽セトルの組み合わせも
処理水加圧式混合分離ユニットも
コンパクトでありながら質の高い前処理を行うシステムであり、特に高濃度油脂及び凝集反応槽、PHCを装備する場合、エアコンプレッサー無しで原水の吸い上げ時に、空気の流入・混合を行える優れた加圧水となるポンプです。
また、分離速度に優れたセトル等、多くの面から機能とその排水処理水は排水の品質向上をもたらしています。

全量自吸式加圧ポンプユニット&浮上分離槽セトル

全量自吸式加圧ポンプユニット&浮上分離槽セトルの特長

  • 自吸式原水の全量加圧の処理方式ですから、浮上セトルとの組み合わせにより従来方式よりはるかに優れた除去効果が得られます。
  • 特に、無薬注処理では最も容易にして除去率の高い効果が得られます。
  • 自吸エアーと共に全量原水加圧ができる特殊な優れたポンプと操作盤を組み込んだユニットなので単純明快、操作・取扱いが容易になります。
  • 自吸式においてはコンプレッサーを使わない特殊ポンプです。
  • コンパクトで水槽の上などにも設置可能で、設置場所の状況に応じたセトルとの配置・組合せが可能です。
  • 薬注の場合は配管ライン注入式となり、原水と同時に連動して自動入切となりますので操作は容易です。凝集剤パランスチェックはセトル流入管のコックから採水可。但し、特に原水変動に伴うPH コントロール及び常時凝集フロック確認を必要の場合は処理水加圧方式にして下さい。
  • 用途・目的に応じてはセトルの処理水混合加圧処理方式もあります。

全量自吸式加圧ポンプユニット&浮上分離槽セトルの性能

  • 除去効果の高さは無薬注処理においても相当の効果がある事を意味します。
  • SS、N-hex、Bod、Cod 等の高除去率が得られます。

注) 調整槽内に流入する異物・SS 原水は微細目固液分離機( クリーンフィルタ等) にてSS 異物はできるだけ除去しておくことが、負荷減並びに故障原因をもたらさない安定運転の為に大変重要であります。

全量自吸式加圧ポンプユニット 浮上分離槽セトル

処理水加圧装置ユニット

装置の特徴

  • 通常廃水はもちろんですが、動・植・鉱物を問わず特に「鉱物油系廃水」「PH制御を要する凝集が難しい廃水」「高濃度系の廃水」処理に対しては、原水計量槽(PHC)、2〜3連の薬注反応槽並びに加圧ポンプユニットを分離槽上に配置するので、凝集点検が視認できながら、間違いのない処理水加圧の運転になります。
  • 処理水加圧装置[ユニット組立]
    設計仕様により「丸形」「角長方型」の浮上槽上に、計量槽〜薬注反応槽並びに加圧ポンプユニットを配置し制御盤は側面に取り付けたユニットなのでコンパクトになる。
  • 薬注処理、無薬注処理は用途・目的に応じての仕様になります。
  • 見積、計画書作成にあたっては、できるだけ詳細な設計条件をご案示下さい。
    (水量 時/日 原水値、処理水条件等)
加圧浮上処理システム 施工写真例